おやじ情報

おやじが情報提供します

【保存版】生き物図鑑 60. ジャコウアゲハ!!

みなさんこんにちは!

おやじ情報です。

生き物図鑑第60弾になります!

今回の生き物は、赤い体が特徴的な生き物です!

それは、ジャコウアゲハです!!

 

関連記事です!よかったら読んで下さい!

takakusaya-man.hatenablog.com

takakusaya-man.hatenablog.com

takakusaya-man.hatenablog.com

 

 

 

 

60. ジャコウアゲハ

f:id:takakusaya-man:20210513143616j:image
f:id:takakusaya-man:20210513143612j:image

f:id:takakusaya-man:20220330095612j:image
f:id:takakusaya-man:20220330095609j:image

ジャコウアゲハは、チョウ目アゲハチョウ科のチョウ類の一種です。

本州から南西諸島に分布し、平地から山地に生息しています。

 

ジャコウアゲハの特徴!

細長い尾状突起があり、オナガアゲハに似ていますが、オスとメスともに腹に赤色帯があるのが特徴的です!

 

尾状突起って?

チョウやガの後ろ翅にある尾のような部分を尾状突起と言います。

 

ジャコウアゲハの体長!

ジャコウアゲハの体長は、7.5~10cm程です!

 

ジャコウアゲハの名前の由来!

オス成虫が腹端からじゃこうのような匂いをさせる事からだそうです。

 

ジャコウアゲハには毒がある!!

そうなんですよ!

ジャコウアゲハには毒があるんです!!

ジャコウアゲハの幼虫の草食はウマノスズクサで、このウマノスズクサにはアリストロキア酸という毒素を含んでいて、昆虫からの食害から身を守っています。

ジャコウアゲハはこの毒に対する耐性があり、幼虫はウマノスズクサを食べて成長しながら、アリストロキア酸を体内に貯めて、成虫になっても体内にアリストロキア酸が残ります。

これがジャコウアゲハの持つ毒になります!

 

観察できる時期!

4月から9月頃まで観察する事ができます!

 

目撃場所!

目撃場所は、静岡県島田市野田付近の島田市中央公園内にて!

f:id:takakusaya-man:20210513143700j:image

 

島田市中央公園って?

f:id:takakusaya-man:20210513143746j:image
f:id:takakusaya-man:20210513143800j:image
f:id:takakusaya-man:20210513143752j:image
f:id:takakusaya-man:20210513143756j:image

島田市中央公園は、静岡県島田市野田にある、水とみどりに囲まれた総合公園です。

森の中にはアスレチック、水鳥が遊ぶ池、ブランコや滑り台などの遊具がたくさんあり、1日楽しめる公園になっています!

 

ここで、サツキの蜜を吸っているジャコウアゲハを発見しました!

f:id:takakusaya-man:20210513143830j:image

ジャコウアゲハの体内にはアリストロキア酸という毒があるので、採取はせずに観察するだけにしましょう!!

 

 参考資料(ポケット図鑑 日本の昆虫1400)

 

【保存版】生き物図鑑 60. ジャコウアゲハ!!(まとめ)

生き物図鑑第60弾になります!

今回の生き物は、ジャコウアゲハです!!

ジャコウアゲハは、本州から南西諸島に分布し、体の赤色帯が特徴的です!

ジャコウアゲハの体内にはアリストロキア酸という毒があるので、採取はせずに観察するだけにしましょう!!

プライバシーポリシー・ お問い合わせフォーム